学生時代に東アジアの社会について学んでいたので、大学の短期留学制度を利用して韓国に留学しました。

留学中に一番役にたったフレーズ
留学中に一番役にたったフレーズ

学生時代に東アジアの社会について学んでいたので…

このエントリーをはてなブックマークに追加

★ 39歳 男性の場合
学生時代に東アジアの社会について学んでいたので、大学の短期留学制度を利用して韓国に留学しました。

韓国側の大学が受け入れてくれる制度で、先輩も利用していたのでわからないことを尋ねることもできたので、それほど不安ではありませんでした。
今ほど東アジア情勢が緊迫していませんでしたし日韓関係もかなり良好だったで、安心材料になっていたのでしょう。
留学中に役立ったフレーズですが、「アジャンシル」です。
先輩の留学体験で、真っ先に必要になった言葉としてとにかく覚えておくようにと言われていました。
韓国語で「アジャンシル」は、トイレのことです。

 知らない土地に行くわけですから、どこでトイレに行きたくなるかわかりません。学校や商業施設なら、トイレのマークもはっきりと描かれていて、海外からの訪問者にもわかりやすくなっています。

しかし、いつなんどきトイレに行きたくなるかわからないので、その国の言葉で、片言でもいいので話せるように覚えておくのは、重要なことだと感じました。

Copyright (C)2018留学中に一番役にたったフレーズ.All rights reserved.