私の住む街の大学に進学することを希望していた友人は、残念ながら不合格になってしまいました。

留学中に一番役にたったフレーズ
留学中に一番役にたったフレーズ

私の住む街の大学に進学することを希望していた友人は…

このエントリーをはてなブックマークに追加

★ 45歳 女性の場合
私の住む街の大学に進学することを希望していた友人は、残念ながら不合格になってしまいました。
合格したら、大学在学中の4年間、あちこち一緒に行こうねと話していただけに、かける言葉も見つかりませんでした。

そんな友人がその後、どんな進路を選ぶのか気になっていたところ、突然、イギリスに行くことにしたと連絡がありました。
いきなりの留学の報告でびっくり仰天でしたが、彼女らしいとも思いました。

そんな彼女が留学中に一番役に立ったフレーズが、Pardon?だったそうです。
始めは英語がほとんどわからず、何かあるとExcuse me?と聞き返していたそうですが、そのような聞き方をするのは日本人だけだということに気づき、それからはPardon?に換えたと言っていました。

確かにこのフレーズの方が英語が話せる感じがしますし、英語はよくわからなくて聞き返している感じもします。
「こう聞くとゆっくり話してくれて、英語を直してくれるのよね」という彼女の言葉に、なるほどと感心した私は、海外旅行の際に使ってみて、確かにその効果を実感したのでした。

Copyright (C)2018留学中に一番役にたったフレーズ.All rights reserved.