学生時代に仲良しだった友人が1年ほどアメリカへ留学していました。

留学中に一番役にたったフレーズ
留学中に一番役にたったフレーズ

学生時代に仲良しだった友人が1年ほどアメリカへ留学していました…

このエントリーをはてなブックマークに追加

★ 39歳 女性の場合
学生時代に仲良しだった友人が1年ほどアメリカへ留学していました。

当時はメールやスカイプでやり取りをしていましたが、まったく英語が話せなかった友人がいきなりアメリカに行って大丈夫なのかと、最初の頃はとても心配でした。

そのときに友人から聞いた話では、すぐにネイティブのように話すのは当然無理なので、最初のうちはとにかく「Just a minute(ちょっと待ってください).Could you speak a little more slowly please?(ゆっくり話してもらえますか?」と、こちらが初心者でほぼ話せないことをネイティブに伝えてばかりいたそうです。

そのフレーズを言うだけで、相手も「この子はあんまり英語が話せないんだな」ということをすぐに理解してくれて、こちらにわかるように簡単で丁寧にゆっくり話をしてくれるようになったそうです。

このフレーズによって、相手とのコミュニケーションをゆっくりとることができ、そしてしっかり英語を聞くことができたおかげでぐんぐん英語力がアップしたそうです。
このフレーズが一番役に立ったと話していました。

Copyright (C)2018留学中に一番役にたったフレーズ.All rights reserved.