知人が留学していた時、会話に困った時期があったそうです。

留学中に一番役にたったフレーズ
留学中に一番役にたったフレーズ

知人が留学していた時、会話に困った時期があったそうです…

このエントリーをはてなブックマークに追加

★ 38歳 女性の場合
知人が留学していた時、会話に困った時期があったそうです。
最初のうちはもちろん英語が不得手ですので、相手が早口で話すと何を言っているのか分かりません。
しかし、分からないことを伝えないと分からないままで話が進んでしまうので困ったことになってしまいます。
そういう時に一番役に立ったのが、「Can you please speak more slowly?」(もう少しゆっくり話してくれませんか)というフレーズだったそうです。
この言葉を言うと相手はゆっくり言い直してくれるだけでなく、「この人は英語が不得手だったんだ」と気付いて、その後の話は分かりやすい表現で話してくれるので、とても助かったと言っていました。

他にも、聞こえなかった場合や言葉のニュアンスが分からず意味を聞きたい場合など、聞き返さなくてはならないケースが様々あったそうですが、それは現地で段々と覚えていったそうです。

私が学生のころ、聞き返す際には「Pardon?」と言うものだと習いましたが、相手の話を聞き返す時のフレーズはいろいろあるんですね。

Copyright (C)2018留学中に一番役にたったフレーズ.All rights reserved.