聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥ということわざがありますが、留学中に一番役に立ったフレーズはこれは何という意味の、what is this? でした。

留学中に一番役にたったフレーズ
留学中に一番役にたったフレーズ

聞くは一時の恥…

このエントリーをはてなブックマークに追加

★ 39歳 男性の場合
聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥ということわざがありますが、留学中に一番役に立ったフレーズはこれは何という意味の、what is this? でした。

それはもう小さな子供がこれは何、あれは何、と聞くようにいろいろと質問したものです。
というか何かわからないことがあったときに、what と首をかしげるだけで結構なんとかなるものです。

言葉が通じなくても、わからないよという感じで首をかしげていえば相手もゆっくり話してくれたり、ボディランゲージを使って説明してくれたりします。英語がわからなかったのでよく使っていましたし、助かりしました。

外国に行ってわかったことは、日本にいる時みたいに曖昧な態度をとるといけないということです。
とにかくわからなかったらわからないと示してしまった方が話が早く済みます。ですから意外に、単語だけの会話でもコミュニケーションはとれたりしました。
whatと単語でもなんとかなるものです。

Copyright (C)2018留学中に一番役にたったフレーズ.All rights reserved.